会社案内

先輩社員紹介

お客様営業部

お客さまへ「ふれあい巡回」を行っています。



お客様営業部
天然ガス推進課
山田 雄貴
――――――――
2012年4月入社

 天然ガス(都市ガス)を使っていただけるよう新築の戸建住宅や集合住宅、工場などの産業用。既存住宅で他燃料を利用しているお客様へ営業活動を行うのが、大東ガスの営業職です。私の所属する天然ガス推進課では、主に既存住宅で他燃料を利用しているお客様(戸建住宅が中心)を担当しています。簡単に言うと現在プロパンガスや石油などを燃焼エネルギーに使っていらっしゃるお客様に都市ガスへの切替をお勧めしていく仕事です。都市ガス本管(道路と平行に埋設しているガス管)を延長する予定地区周辺のお客様を訪問し、ご説明、折衝、設計、見積作成、施工監督までを1人で担当します。

全部1人で?大変そう…。そんな声が聞こえてきますね(笑)。確かに外回りが中心となりますし、訪問したすべてのお客様が都市ガスに切替えて頂けるわけではないので、そういった意味では大変な仕事です。でも、お客様の生活に密接に関わるこの仕事ならではの面白みや、やりがいだってちゃんとあります。たとえば、お客様との出会いにしたって、お客様との信頼関係を構築する絶好の機会です。信頼関係を築いて、これから始まる長いお付き合いの入口となる。それが私たち都市ガスの営業です。

最初の訪問で都市ガスにご興味を持たれたお客様に都市ガスのメリットをご説明し、都市ガス本管からの距離、敷地面積、ガス器具の種類、ライフスタイルなどを総合的に考慮した上で、お見積を作成し、ガスをご利用いただくための提案を行います。内管(お客様の敷地境界からガス器具までのガスを供給するガス管)の設計を私たち自らが行います。内管ルートを自分で決められるので、これが結構楽しい作業なんです。ときには、工事の段階になりもっと最適なルートが見つかったり、設計がわかりにくかったりなどガス工事に携わる者からお叱りをいただくこともありますが…。
最初は私の説明を訝しげにお聞きになっていたお客様も、現地調査や見積提出、契約、工事立会いなどで何度もお会いしているうちに親しくなっていったりもします。「お昼まだでしょ?食べていきなよ」。なんて声をかけてくださることも。ともあれ、訪問を繰り返し、自らの設計、提案で都市ガスに切替えて頂いた時の達成感といったら、とても大きいですね。そしてなにより、お客様に「都市ガスにして良かった」と言って頂いたときなどは、それまでの苦労なんか、空の彼方へ吹っ飛んでいきます。





エネルギー営業部


まずは顔を覚えてもらうことから、信頼関係は始まる。



エネルギー営業部
エネルギー営業課
星 和希
――――――――
2011年4月入社

  「自分は会社の顔である」。いつも私が意識していることです。都市ガスの営業は、新規のお客様の開拓と、既存のお客様のフォローが主な仕事。病院、飲食店等を訪問し、都市ガスの利点を説明し、見積りを作成。成約となれば、お客様と工事業者等の方々との調整、および工期の決定、施工までの管理を行ないます。 関係者が多く、時に調整が困難なこともありますが、自分は大東ガスの代表。お客様が納得できる結果が出るまでコミュニケーションは欠かせません。安心や安全は目には見えないもの。でも目の前の自分を信じてもらうことで、会社への信頼が生まれるのだと思います。 いずれは大きな案件を一人で任せてもらえるようになりたい。クリーンエネルギーである都市ガスの良さを地域全体に広めていけるよう、できるだけ多くのお客様のところに足を運び、たくさんの経験を積みたいと思っています。





供給部


想像力と責任感で安全をつないでいく仕事。



供給部
導管設備課
谷川 雅典
――――――――
2011年4月入社

 一言で道路に配管を埋める仕事というと単純なように聞こえます。しかし実は様々な要素を含んでいます。配管ルートを設計する際は、ガス事業法、道路法、および図面をもとに綿密な計算を行いますが、掘削したらコンクリート塊に遭遇なんてことも。そうしたハプニングを含め、あらゆる状況に迅速に対応できる判断力が必要とされる仕事なのです。 また、工事の時間帯を決めるにあたっては、小学校の通学ルートや、商店の仕入れの時間、交通量のピークなど、あらゆる可能性を想定した上で、最適な時間帯と警備員の数を割り出したりします。 決して気を緩めず、冷静に状況を観察し、限られた時間の中で結果を出す。それは、学生時代から続けてきたサッカーでの、状況を判断し、ゴールに向けて確実なパスを送るといった自分のポジションとも重なる部分があります。やり直しのきかない安全や安心を担っている責任は私自身のやりがいにつながっています。