お役立ちコーナー

料理をはやく作りたいのにガスコンロの火がなかなかつかない!

ガスコンロのつまみを何回ひねっても火がつかない。
そんなとき、すぐに「故障だわ!」なんて、あせらないで。
電池切れやコンロの金具のずれなどが原因で、
一時的に火がつかなくなっているだけのことかもしれません。
だとすれば、機械が苦手な方でも、簡単に直せるはず。

ただし、ここに上げるチェックポイントをクリアしてもまだ点火しない場合は、
本当にどこか故障しているのかもしれません。
あちこちいじったり分解したりせず、大東ガスにご連絡ください。

イラスト

点火つまみをまわしてもパチパチ音がしない時 ガスコンロ イラスト

新型のコンロなら、操作部に「ロック」とかかれたレバーがない
か確認。ロックがかかっていたら解除します。

※1 元栓やゴムホースはコンロの背面にあるので気をつけて確
認して下さい。
※2 電池の場所は機器によって違う事がありますので説明書に
てご確認ください。

●電池切れが考えられます
ガスコンロの電池を取り替えます。2個以上電池がある場合
は、全部新品に取り替えます。
パチパチ音がするのに火がつかない時

<その1>
●ガスコンロの元栓が閉まっている場合があります
元栓が閉まっていたら(つまみがホースと直角になっていた
ら)元栓のつまみがホースと並行になるようにして、開きます。
※システムキッチンの場合、コンロ下の扉を開くと、元栓があ
ります。

<その2>
●ゴムホースが折れている場合があります
ガスがスムーズに通るようにのばします。

<その3>
●バーナーキャップ(コンロの金具)がずれている、または濡
れている場合があります
金具を規定の位置(カチッと音がする)にセットしなおします。
また、ふきこぼれなどで金具が濡れている場合は、乾かして
からセットして下さい。

<その他の症状>
●大東ガスにご連絡ください。